特殊清掃〜孤独死〜

2013年11月13日

特殊清掃という言葉が多くの人に認知される様になってきたのは、孤独死という一人部屋で亡くなられて発見が遅れてしまうという事件が相次いだことからではないでしょうか?

晩婚化の進む日本で独身である人も数多く、高齢化社会というのも関係して、身寄りも既に亡くなっているということから、ほとんど誰かに頼ることなく一人で暮らしをしている人が増えてきている傾向にあります。

自分で死を予知している人ばかりではなく、ある朝突然亡くなってしまうというケースも多々あります。

仕事をしているのであれば、まだ連絡をしてくる人もいて、発見が送れることはあまりありませんが、無職であれば、一週間二週間発見されないままという可能性もあるのです。

四季のある日本では真夏や梅雨の季節に孤独死が発見されないと、遺体の腐敗も激しく、異臭から発見されるケースがほとんどです。

異臭から発見される部屋は絶対的に特殊清掃が必要な有様になっていると言えます。

#特殊清掃と孤独死