孤独死の部屋に必要な特殊清掃

2013年12月13日

異臭にて発見された孤独死の遺体の腐乱は激しいものであり、外で感じる何倍もの異臭を放ち、布団の上に遺体があったとしても、布団を突き抜いて床までも汚しているケースがほとんどだそうです。

こういった孤独死の現場を特殊清掃作業員がするのですが、やはりとても困難な仕事であり、誰もやりたくない仕事と表現してもオーバーではないと言えそうです。

きれいに掃除するというだけではなく、人の死臭は精神的なダメージも大きく、食事ができなくなってしまうということもあるそうです。

現場の悲惨さは実際に目にした人にしかわからない計り知れない壮絶な現場なのでしょう。

しかし、誰にも手を付けられない部屋をそのままにしておく訳にはいきません。

中には感染するウィルスがある場合もあるので、適切な処置のできる特殊清掃を請け負ってくれる業者に依頼して原状回復をすることになります。

関連情報>http://www.tokyoseisou.or.jp/

#孤独死の部屋